くらしのこと市


参加作家紹介  skep(大阪) instagram  ※12月8日のみの出展となります
↑ 写真をクリックすると、次の写真が表示されます。全8枚。8回クリックで最初の1枚に戻ってきます。


1.自己紹介をどうぞ。
服と布カバンの製作をしております、skepと申します。
大阪の中心街から少し離れた 大阪市西成区天下茶屋というところで古い一軒家を改装して、skep design laboratory というshop&cafeを運営しながら、店舗の2階にあるアトリエで、企画とデザイン、パターン、試作、縫製を行なっています。
(縫製は、信頼できる国内の縫製工場にもご協力頂いて、質の良いものづくりが行えるように工夫しています。)
モノトーンベースの、シンプルで ほんの少し個性的なデザインが特徴で、服を着た時や、カバンを持った時のシルエットにこだわり 製作をしています。
skepのものを身につけてもらった時に、感じ良いね、面白いね、など、会話のきっかけになるような 服やカバンをご提案したいと思っています。

2.出展に際して。
くらしのこと市さんに 初めて出展させて頂きます。
普段大阪で活動をしていますので、なかなかお会いする機会が少ない皆さまに、服やカバンを 直接手に取ってご覧頂けることを楽しみに致しております。
今回、全てのラインナップをお持ちすることはできないのですが、2019年秋冬の新作を中心に、できる限り多くの種類をお持ちする予定です。
持ち手の幅がとても太い、ショルダーバッグ(大)では、パラフィン加工を施した生地や 帆布生地のような 季節を問わずにお使い頂ける 素材の他、2019年の新作で、温かみのある素材を使用した 秋冬仕様のものもお持ち致します。
カバンも素材が変われば 同じ形でも全く雰囲気が違ってきますので、普段お使いの物をサンプルのバッグに入れて頂いて、それぞれの雰囲気を比較して頂きたいです。

3.この冬、やってみたいことはありますか?
この冬 やってみたいことは、布以外の素材の特性を学び、使える素材を増やして、表現の幅を広げていけるように新しい素材の勉強を始めていきたいと思います。

4.10年後、なにをしていますか?
10年後は、今と変わらず 服作りをしていると思いますし、していたいとも思います。
今 skepを好んで頂いている皆さまと、10年後も良いお付き合いをしていけるように頑張りたいです。
技術的にも、知識的にも 今よりも経験値が上がって、ものの精度も上がり、できることの幅も広がっているはずなので、もっと色々な種類の服を作っているかもしれないな、とも思います。