くらしのこと市

HOME > 参加作家紹介 > スカンクとアルマジロ

参加作家紹介  スカンクとアルマジロ  instagram
↑ 写真をクリックすると、次の写真が表示されます。全5枚。5回クリックで最初の1枚に戻ってきます。


自己紹介
私たちは、革ものと衣服をつくっています。
オーダーでの財布や鞄、革ジャケット制作から始まり
右往左往しながら自分たちのものづくりを続けてきました。
そんな中、クラフトフェアと出会い
様々なつくり手や使い手の方と触れあうことで
つくりたいものをつくるという方向性に変化していきました。
つくりたいものと言ってしまうと
それは漠然としていて
絶対的な何かがあるわけでもなく
なんだかいつも悩んでいます。
ただいつも、
自分たちの手を尽くしたものをつくりたいと考えています。

出品作品について
革ものは、自分なりに解釈した革の持ち味、
伸びや縮み、手縫いや手裁ちを生かしたものづくりを。
日々、手に馴染み、
増してゆく艶と増してゆく愛着。
何気なく大切なものになってもらえたらと思います。
衣服は、リネンを素材に、染色も交えながら
表情豊かなものに仕上げています。
日々、身に纏う衣服。
今日という日を想像しながら
晴れやかな日、何気ない一日でも寄り添える
衣服をつくりたいと思っています。