くらしのこと市

HOME > 参加作家紹介 > 村上 祐仁

参加作家紹介 村上 祐仁(静岡)
↑ 写真をクリックすると、次の写真が表示されます。全7枚。7回クリックで最初の1枚に戻ってきます。


1.自己紹介をどうぞ。
小さい時から職人になりたいという想いがあり、
 高校卒業後焼き物の世界に入りました。
どんな時代でもどんな世の中でも、
 人の手が生み出すものは普遍的な魅力があるものだと信じています。

器は無意識の中で手にしたり口にしたり、
机や棚に置いたりするものです。
だからこそ、肌や唇に触れる感覚に繊細であること、
机や食器棚にも優しい仕上がりを心がけています。
また、シンプルな形だからこそ
そのラインの美しさにはこだわり、
毎日の何気ない時間を特別なものに演出してくれる、
そんなフォルムを目指しています。

器は生活に寄り添うものです。
楽しい時も寂しい時も、晴れの日も雨の日も。
様々な日々が巡ってきますが、僕の器を手にした時に
少しでも暖かな気持ちになって貰えたらとても嬉しく思います。

2.くらしのこと市参加作家連載記事
「ふゆの暮らし。」
http://kurakoto.jugem.jp/?eid=243