くらしのこと市

HOME > 参加作家紹介 > 恩田陽子

参加作家紹介 恩田陽子(岐阜)
↑ 写真をクリックすると、次の写真が表示されます。全6枚。6回クリックで最初の1枚に戻ってきます。


1.自己紹介をどうぞ。
岐阜県瑞浪(ミズナミ)市、ほどほどに田舎の小さな工房で作陶しています。
やや粗めの陶土(赤土)を使い、ろくろ成形で主に器を制作しています。
自分ならではのフォルムと、色、質感にこだわっています。
自分の指先から生まれたものが、長く使い手の暮らしに輝きを放ち続けられたらと願います。

2.出展に際して。
開催地である静岡県護国神社の森が、とても気持ちよくて好きです。
初めて神社拝殿を見たとき、それを囲む木々と空の奥深い雰囲気に絶句したのを覚えています。
冬の森・・・神社・・・ワクワク・・・。
木枯らしの季節、冬色の境内に、ちょっぴりクセのある目立つ色味の器をお届けします。
新色も絶賛研究中。迷走の果てに完成なるか!?

3.10年後、なにをしていますか?
ずっと変わらず地味にやきものをしている。
10年前よりイイの作ってるな自分、と思いたい。